ナフィールドジャパンのwebサイトをリニューアルしました。

いつもNuffield JapanのWEBサイトにアクセスいただき
誠にありがとうございます。

この度WEBサイトをリニューアルしました。
今回のリニューアルで、これまで以上にナフィールド国際農業奨学金制度についてや
Nuffild Japanの活動を知っていただけるよう内容を充実化。

今後も継続して内容の充実を図るとともに、わかりやすく・最新の情報を発信してまいりますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

2022年度(第3期)日本代表スカラーの募集を開始しました。

本日7月12日~2021年ナフィールドジャパンの第3期生を募集いたします!コロナを抜けて、世界農業研修を各国の農業代表スカラーたちとまわる体験研修プログラム。
”Lifetime changing experience”とスカラーたちは口をそろえます。

変化が必要!ネットだけでないリアルな情報交換と実践事例に触れたい方には絶対に有効です。

以下、本日発表されたNuffield international からの正式なappkication open の発表です。興味ある方は、まずはお問い合わせください。

2021年度(第2期)日本代表スカラーが決定しました。

Nuffield International の承認を経て、栄えある2021年 ナフィールドジャパンからのスカラーは、広島県の酪農業を営む久保アグリファームの久保様に決定いたしました!おめでとうございます。

Nuffield international では、アメリカ、ブラジル、チリ、日本と準加盟国からの最終承認をしており、その他常任国のオーストラリア、ニュージーランド、UK, アイルランド、オランダ、フランスなどからも2021年スカラー達が各国代表で選出されています。

お問い合わせいただいた皆様、大変ありがとうございました。

スカラー森上翔太がCSCオーストラリアに参加しました。

オーストラリア・ブリスベンで開催されていたCSC(年一回の研修会議)が閉会しました。プログラムの中ではカントリースピーチという項目や自己紹介があり、ナフィールドジャパン、初代スカラーの森上さんが登壇してくれました。サポート役の事務局の藤田さんもお疲れまです!

なんと!新型コロナウイルスはこんなところにまで影響し、プログラムを若干のこしたところで中止を発表、スカラー達も自国の帰路についてます。

それでも今回、日本は初めてのスカラーを輩出でき、正式にNuffield international協議参加国の一員としてスカラーが全プログラムを履修できるようになりました。

このプログラムは現役農業者のネットワークに入れると同時に、研修から実践現場をそれぞれの国や地域、個人によって違うということを認識し、個々の課題を解決していく、ゆくゆくは産業界のリーダーになってもらいたいとの思いで設立しております。昔も今もどんだけスマート農業になっても最後はやっぱり、人 ありきです。

 

日本農民新聞に代表の前田が取材を受けました。

日本農民新聞に取材していただきました。

アーカイブ